人気ブログランキング |

バカな所と下手な所は絶対負けないモデラー侮ログ


by tyouzatu_koujitan

2012年 03月 18日 ( 2 )








どうも、
業界のダディですw
ってか、いつ俺様がプラモ業界の人間になってんだよ。業界との人間というのは、その業界に携わる者・
あるいはなにがしかの対価(給料等)を得ている人間に対して使う言葉じゃね?とか思うんだが、
私のような【神的存在】には最早、業界人でなくても業界の頂点に立つようなイメージが愚民の間に
浸透している結果だと思っている。(ここまでくると俺様キャラというよりは妄想虚言僻かwww)


んな事はどうでもイイんだよ。時代は【Z会】

Z会さえおさえておけばプラモなど下手でも構わない。


さて、その251だが(脈略0ですがw)このトンデモ(車体寸)を使って・というんだから
仲田さんも意地が悪いw ってか、どう料理するのはここのモデラーの判断・裁量に任されている
のだから、ワザワザ糞みたいな車体寸に一々脊髄かましたモデリングもどうかと思うが、これはこれで
楽しいw というか中学の頃の(現在から見ると)糞レベルの模型を蘇らせているという思いがあるからだ。

今回のレギュ(私達はC限定)が無かったら、、このボロボロのタミcキットは一生暗いダンボの中で
私が死ぬと同時にゴミ置き場に直行する事であっただろう。(徹底改修しても同じじゃね?って
突っ込まれっと悲しくなるので、それは置いといてw)作りは適当(今もだろw)色はベタ塗り・で
とてもこれを全バラして再度現代レベルで組み直すなんて想像もしなかったししたくもなかった。

これこそが
成仏モデリングの真髄
なんですな。今月のMAみたく劇的再生と近いものがあるんだが。

私なんぞは、結構・中坊キットの全バラから再生を行っている。新橋に出したヤクTも車体寸から
見直して接着面をバリバリ剥がして、操縦手席天面の段差まで再現した。AMにちょこっと載った
M113のナム戦モデルも接着剤だらけでランナーからの切り離し跡も整形しないまま組まれていたのを
これまた全バラした。元気堂に出した九七式もPラインを全て消して再塗装した物で銀賞だった。

まだまだ中坊キット(殆どが色も塗らずに素組みしたままの物)がごちゃまんとあるので、これらの
【成仏】が本来・順番的には先なんだろうけど中々そうもいかないのが現実。そうこうしている間に
あっちのきっと・こっちの新製品・はたまたスクだ改造だで、死蔵キットも沢山あるんだが、
こうやってド古いキットを思いっきり切り刻んで修正できる(ようになった)私が嬉しくもある。

度々話をする事だが、75年当時の私はプラ板さえ切る術が無かった。タミニューの【これ作】でさえ
【神の領域】であって、旧タミⅢ突GをD型に改造しようという記事に挑んだものの戦闘室を
切り離すのに、カッターをロウソクで炙って(!)ブジブジと激しい異臭の中で、やっと思いで
バラせたのだが、その切り口のグニャグニャさに呆然として、(隙間がねw)完成しなかった思いがある。

ってか、あの記事・左側面しか図が無くで、右とか上ってどうやんだよ・ってそれだけで消沈したけど。

その当時の【原人レベル】からすると、今の私は【神の領域】に達していると言っても過言では無い。
(自分が自分を見ての話なんで、業界全体では無いので読んでて怒らないようにねw)
どこがどのように違い、どのようなアプローチで、どこを生かしどこを捨てるか。そこまで瞬時に
改造プランが立てられる自分(の成長度)が楽しくて仕方無いのだ。そういうモデリングも楽しい。

古い部品を捨てて全部プラ板で作り直す【ホワイトモデリング】もいいだろう。だけど敢えて昔の
キットをどこまで生かしながら完成に持ってゆくというアプローチでも決して間違いではないからだ。
基本形状はいじらず、個々のパーツを現代風に置き換えるGUモデリングも間違いじゃないし、
昔のまま組んで、塗装を現代のユーロ塗りで勝負!しても、それはそれで構わない事なのだ。

要はどういう【製作過程】を経て完成に持ってゆくか。それが今回の模競の【裏テーマ】だと思っている。

とは言え、こんな風にデテ全削除かまして、ブッた斬りまくりの人間もいないと思うがw
e0162050_17341154.jpg

251は車体上部を真ん中から【五右衛門・斬鉄剣斬り】w それでイイかと思いキヤ、中心が
2mm不足していて、最前部は1mm狭くしないといけないという難題にブチ当たるwんだが平気w

e0162050_17382225.jpg

裏なんか、チョー適当じゃね?ヤバくね?っつうくらいガサツなプラ板貼りで補強・終了。

e0162050_17394118.jpg

ところが、普通に考えてもこんな事すっと、最後部に行くに従って、ドビラ~んと開いたまんまにw
んでも、私は動じない(無神経・無頓着なだけだろw)。どっかに切れ目入れて水平に戻せばイんじゃね?

こんな適当モデリングの完成品が見れるのはオリオンモデルズの模競だけ。25日は僕と握手!
by tyouzatu_koujitan | 2012-03-18 17:43

突然ですが…





こういった3DCGモデリングもあるので最近は楽しいですよね。 ↓ 

コチラ】からどうぞ。
e0162050_0533480.jpg

中身はこんな感じをしてるんですね。(UMの72ですが)

さて、こういった車両(まだ発売されていないので)製作するとなると半スク(2個イチ)しかない。
元車体はヘッツアーでイイとしても、砲関係で弾薬庫及び砲弾のパーツがあるキットが宜しいと思う。
(良く、ナスホなどですんげぇデテアプかました模型も見るんだが、大抵・殆ど・100パーが
砲弾が一個も入っていない。敵がきたらどない寸念!って思うのは私だけか、画竜点睛はヤだなw

ま、そんなのはイイとしてヘッツアー車体の開口というか・横水平真一文字斬りwをする訳ですが、
ヘツ自体が傾斜装甲の塊なんでそこを水平に切るのは相当の技術と勇気が必要になってくる野田。
んま、適当で超雑な私としては、必要とされる横面・縦寸法よか切る刃の厚み分だけ上をキットと
垂直になるように切る。刃とキットは直角に交わるように。当然切り口は水平では無いので修正を。

私はこのような作業はモーターツールで一気に行うのが常です。

或いは必要とされる横面・縦寸法にケガキを入れる。モデラーズ等の細いマスキングテープは紙では
ないので結構な厚みと固さがありガイドとしての役目を十分果たしてくれる。そこに、Pカッター・
若しくはケガキ針とうで刻みを入れて行って慎重に切ってゆくのはどうであろうか?当然刃の厚みや
切り口の修正は必要になってくる。Mツールの一発勝負よりかは綺麗に出来るのではないかと思う。

私としては切った後切断面がプラ厚全開なので、当然薄削り作業が待っているのであんま気にしないで
取り敢えず切断w ってな事の方が多い加奈w 使用するのは鉄工ヤスリ。かなりデカくて模型製作には
全く向いていないのだが(ってか、夜中中流れてるケルベロスCMとかアニメでも体よかデカイブレードを
振り回しているような、そんな不合理なモンでもないんだが長い分水平が出しやすいと思い使っている)。

勿論・ガッガッと削ればヤスリ目で涙目になるので、そこいら辺の加減は理解して欲しい。その後は
当然普通のヤスリに持ち替えて、普通に削っている。特に値段とか包丁に名前が入っていないと嫌だ
とかブランドとか、そういう形から入る人(大抵は上手くない人の典型w)では無いので100円とかの
ヤスリで全然平気だと思う。勿論色んな大人に事情もあるだろうが、最終的には本人の腕と餅部。

ヘツ自体にしても前面装甲板の砲取り付け開口部分の埋め&新たな15cm砲用開口の作業もあるし
あるいは内蔵再現とか、操縦手席と砲の関係とか色々作り始めると(現物合わせ的に)苦労するかも。
あとは砲周りに垂直の装甲板が付くんだが(大人しめでもいいから)溶接跡は付けて欲しいと思う。
ってか、結構スクアイテムとしては人気なのか多数完成品を見るが、殆どの作品が綺麗過ぎる加奈。

そういう所を強調するアイテムでは無いのもるんだが、実際は溶接されてるモンだしね。
by tyouzatu_koujitan | 2012-03-18 00:54