人気ブログランキング |

バカな所と下手な所は絶対負けないモデラー侮ログ


by tyouzatu_koujitan

2011年 12月 16日 ( 1 )






ってか、今月も立ち読みせず黙ってレジに持って行くという奇特な人を演じながらのレビュw

e0162050_6214382.jpg




まぁまぁじゃね?


特集の内容については個人個人の主観がある為・何とも言えないが、その特集の中で数だけでも
【6つ】集められただけでも立派w 今までは2つが限界とか、ど~しよ~もない月が続いてたかんね。
内容…は、どうだろう… (調色不要とか)そういう選択肢もアリであり無しでもある・としか言えない。
個人の嗜好によるものが多いので、まぜないと安心出来ない人も勿論いるだろうし、そうでない人も。

ただ一つの【アプローチ】としてはアリであると言える。ただ、【不要】とまで言い切ってしまうと
自分で自分の首を絞める事になるので、インパクトはあるが、逆に禁じ手のような気もする。


好きに塗りゃぁイイw


そこを・~である・と言い切ってしまうと必ず、「あン?」という人も出現するので、一つの【提案】
として(出版側からすれば)提起するような記事にしても良かったという思いも無い訳では無い。


私も以前・オリオンモデルズにおいて、各人一同に会して【一大塗装イベント】に参加した事があるんだが
まぁ、千差万別というか、好みというか性格というか【癖】が出まくりwという状況を見て、これは
一口に塗装法と言っても【受け手】であるモデラーというのは、そのモデラーの数だけ【塗り方】が
あるのを実感しました。私みたいに「んなモン・適当でイイんだよw」という人もいませんでしたが。

私は調色が全てでも無く、特色が全てでもありませんので、途中がどうこう・というのは一切気に
ならないのですが、人によってはまず・自分のイメージ出来る色が出来てからでないと塗装に入れない
という人もいて、そういう人に意見する気にもなりませんし、(しても無駄だかんね・こういう世界はw)
もう完全に【自己】(自己中かw)の世界の話なんで、人が口を挟む事でもないというのが大前提w

私が真っ黒模型から進める塗装を認める人もいてもいいし、認めないという人がいても全く構わない。
個々の脳内には誰もタッチ出来ないんですよ。好みなんだから。「こういう風に塗りました」と
言われれば、「あぁ、そうですかw」としか答えられない。【絵】に例えるともっと分かり易いかも
しれない。同じ物を描かせても、どうしてこうも違う(感性・個性という点で)のか・という事である。

ただ、私から言わせてもらうと、
調色しなくてもオッケーなんだ・と
今更気付く読者が居るのであれば
これ以上の上積みはないから引退しなw



何かに気付かない(気付けない)人間はダメ。色々な・そして様々な方法を試した上で自分なりの
進むべき道が開けるというのに、誰かに教えてもらうとか手引きがなければ前にも進めないという
程度の低い人間はモデラーには向いていない。今ある【積み】を私に差出して、即刻・モデラーから
足を洗いなさい・と言っておく。そういう感性の無い人はモデラーではなくコレクターでイイです。

他人の完成品でもオクで落として、独り悦に入ってんのがお似合いじゃね×2w っつう感じかなw

あと、他人に流され易い(影響され易い)のもチョット…w 誰かがアレ使えば僕もw んで、こんな
新技法があれば、またコッチと節操の無い人間も恥ずかしいw。勿論私でも影響を受けたモデラーや
塗装法などありますよ。ただ、何でもかんでも・あれもこれもでは無いんですよ。自分の感性に
合うか合わないかぐらい考える時間があってもイイと思う。ま、でもそういう人間がいないと

商業行為が成り立たないのも、これまた事実なんで、私は「バッカじゃね~の?コイツらw」っつう
位で留めておきますがw 99パーの愚民がいるからこそ、消費行動が起きるwというのも事実だし、
だからと言って俺様が賢者であるか・というとそうでは無い、私の場合は全てにおいて【規格外】。
パンピーの規格や考えに決して当てはまらない所が私が私である所以で長所でもあり最大の短所でもあるw

あ・そうそう、それと、この前の頭狂AFVの会で私の作品を見て、普段AMを叩いているのに
作風はAMそのまんまでしたよw とか書き込みがあったな。ってか、チミの脳内・どうなってるの?
誌面構成と作例は全くの別モンwですよ
そこを一緒にしてる時点でアウトw ってか、俺様がAMライター様意識しまくりとか、もう…w


素直にライター並みの
腕前であると言ったら?

さすがに、この発言はアウトw 自惚れ過ぎっしょw


まぁ、ライターがどうのこうの・っつうよか、今は編集長にでもなってやるかw という感じ。
ライターは所詮ライターw(それも問題発言)。でも、ここまで傾いた雑誌なら、俺様が乗り込んで
いって、半年でプラマイ0・一年で黒字にしてやんよw っつう位、今のAM誌はマジ・ヤバい感じ。
編集の人は創刊号から50~54・5までの号をもう一度読んでみ?答えは必ずそこにあるから。

反面・過去のAMはその輝きをどうして失ってしまったのかも、その号達から読み取れる筈。






ってか、AMで最近・イチオシなんだが、この映画・朝鮮映画かよ… ってかチャンドンゴン登場w


つか、こんな実話
あったっけか?



チャンドンゴンは私が唯一認めた朝鮮人w 



っっつうか、AM誌では、この前まで【ワイルド7】推しじゃなかったのかw

モッチーに【バサラ】まで描いてもらったのに、オサラバってかw

e0162050_655935.jpg

私は子供の頃、マイルド7って、ワイルド7のパロじゃね?って思ってたんだがw


ってか、私が黒く塗ってから塗装をするという事に理解出来ていない人の為に親切にも書いてやるがw

黒の上に自分が塗りたいと思う色を塗れば、下地である黒に上掛けに色が【影響される】という事。
それだけで基本色を暗く調色したという効果がある。というか、暗くした色を一色で塗ったのとは
また違う効果があるということも忘れてはならない。一色で塗った物と、黒とその上掛けでは、
それだけでも色の情報量が増えるという事になる。更に段階を上げて塗装すれば、それだけ増やせる。

色は塗ればイイってモンじゃない。下地の色を生かしながら塗るという行為自体を真剣に語っている
模型雑誌には出会えた事が無い。その【深み】を誌面でも出して欲しいモンだね・編集の人w

次の工程で暗くするので基本色は明るく塗りました・などは【対処療法】でしかない。私から言わせて
もらうと、それこそ【やっつけ】的塗装法でしかない。調色不要と言う(言い切る)なら、その理由を
違う色・類似色では無く、実際に目の前に示せるような技量がないと、説得力は無いであろう。
下地にこの色を塗って上掛けにこの色を使うと…何と!という位の作例がないと正直辛いワな。

調色不要と言っても所詮は一色で塗った模型なら、所詮は【ベタ塗り】と何ら変わる所はないからだ。
何故ビン生で塗っても、ここまで違くなるのか?という作例が欲しかったというのは贅沢なのか…
私がまあまあじゃね?と冒頭・書いた理由はそれ。作例が一つか二つでなかったから、まあまあと。
ただ、模型に対するアプローチは必ずしも一つでは無い・という所に視点がいってるのは良です。

ってか、巻末に集まっている一般作例も今回は多数でイイんだが、どうも【解せぬ】w という点が。
そこまで行くと長くなり過ぎっから、この続きは明日にしてやっかっつう事で一旦・KILLノデス。
by tyouzatu_koujitan | 2011-12-16 06:04