人気ブログランキング |

バカな所と下手な所は絶対負けないモデラー侮ログ


by tyouzatu_koujitan

2009年 07月 30日 ( 1 )



      なんか、聞いたんだけど、気象庁の野郎、「梅雨明け・撤回」したんだってぇ?

またか、またやりやがったんかい!っつう感じ。もうこいつら最低w
過去にも「やっぱ、いつの間にか<明け>てましたぁ(笑顔)」とか、
「今年は梅雨明けしないで秋になりなしたぁ(照れ)」とか殺したくなるようなコメ満載だったけど、
「いや~ワリいワリいw やっぱさ~<明け>てねえんだよ、まっ気にすんなよw」な感じで。

     世の中で、こんだけ【不要】な人間の集まりっていないよなぁ?

この前も明らかに竜巻での被害があったのに、発表は「竜巻のようなものが…」に終始w
あげくの果てに、数日後 「やっぱ、竜巻だったワ、いや~メンゴメンゴw」って発表。
その、お前らが「竜巻だと認めたくない根拠って何なの?」 否定すると何かお得な事でもあんの?
日本では竜巻は起きたらイケない訳でもあんの?自分が目で見た物以外は信じられないとかぁ?

    こいつら、バカなの?死んじゃうのぉ? の世界だな全くw

竜巻でも、みたいなモンでも、実際被害が出てるんだよ。お前らの【認定】なんて必要ねえんだよw
つかよお、一応【専門家】なんじゃねえの?何年【気象オタ】やってんだよっw
世の中には、今日・明日の生活にも困っている人がいるかとおもえば、
こいつらみたいに、グータラグータラ適当な事やってても平均水準以上の暮らしをしてる奴がいる。

    こういう【能無し】を皆殺しにする事が真の【格差解消】につながると思うw

梅雨明け宣言にしてもそう、なんか【老害】みたいな邪魔くさいのが一人いて、
コイツの意見が絶対なんだと。その割りには、毎年トンチンカンな事ばっかやってっけどなw
だから、そのジジイが「明けた」と言えば明けるし、「まだ」と言えば一生明かない事もある。
つまり、【気象庁】なんか必要無いって事。そのジジイ【一人】が居ればいいっちゅう事なんだよねw

   次の選挙後は、気象庁の【解体】を頼みますよ、キングオブ・ポッポの鳩山タンw

俺が最高のムカツクのは、予報とか宣言を出す方がいっつも【キョドって】いる事www
もうちっと自信持って発表せいやw 自信が無いんなら辞めちまえw
「かもしれない」とか、「~したかも」とか「やっぱしてません」とか、何者だよっつうのw
そんな当たってるんだか、当たってないんだかワカンネ予想屋のオヤジ以下の予想なら、

  オマエら全員・屋上から紐で首結んで【吊るして】やんぞ・コラw 人間テルテルとしてよw

だいたいなあ、天気にしても昔の旧暦とかからずれているのが殆ど。まして異常気象だし。
そん中で毎年のこの日は「こうでなくちゃいけない」なんてのは思い上がり。
人間のルールが気象や天候より上なワケねえだろw そっからして間違ってる。
そんな脳みその人間がマトモな予報なんて出来るなんて思う方がオカシイよなwww

    あと、最近人気の【気象予報士】の皆々様達・コイツらもイラネ。

だいたいさぁ、自分独自の予報が【発表出来ない】決まりの中で、存在価値すらねえじゃんw
勝手に【予報】されると、人々が混乱すっから【ダメ】なんだとさ。 (満点大笑いw)
だから、ニュースでも色んなのが出てくっけど、結局は【気象庁の予報】を棒読みしてるだけw
んなワケだから、倍率が何十倍で合格して予報士になっただとか、そんなの全く意味なしw

  同じ棒読みなら、【お天気お姉さん】の方(しかも素人w)がよっぽどマシだってばさw


まあ、気象庁の能無し共みたく【いらない子】扱いにならないように、私も頑張るしかありませんが
車体後部の起動輪取り付け部分の2個の円柱もダウンサイジングして再接着w
最初の絵では20mmでした。でも、なんか貧弱な気がした25mmにサイズアップ。
で、巨大化させすぎて後部牽引フックが付くスペースが無くなった・というオチつきですwww

写真だけ見ると、模型が迫力不足に見えても実際は元の【比率】を重視した【絵】の方が正解でした。

あと、私が一番・今回のフルスクで悩んでいたのが車体を真横から見た時の【ボリューム不足】でした。
ただ、イメージから受ける【高さ】で決めると外側への傾きがT-34みたくなってダメ。
一回はそれで高さを切り詰めて、側面の【角度】を水平に近く流れるようにしました。
それでも、今度はターレットリング部分の【高さ】が明らかに足りません。

そこで、新たに【リング】部分を接着して、見た目を【矯正】しました。
出来た段差には砲塔下にリング部分に対応する【円形部品】を接着する事で対応。
実車もリングが装着されているのは、当初から気付いてはいましたが、
リングを接着する事により【車体高】が上がりバランスが崩れる事を一番気にかけていました。

それでも、高さは最初の【比率検討】の数値内に収まり安心しています。
だから、リング高を含めた高さで側面の角度を出したのは失敗だったと改めて気付きました。
車体側面の角度が、この模型のイメージを決める重要なポイントであると決めていた
私の考えは間違っていなっかたんだと安心すると共に、やっと先に進めそうです。

ですから、私も最初は144作例のような天板から側面に傾きが大きい279を製作しそうになってましたw

今回はアールの表現・再現に【タミパテ】を多用。理由としては【ヒケ】を最大限利用したいから。
ポリパテでは出しにくい細かいアールには、やっぱ【指での・擦り付け】が一番w
この後は、【エポパテ】も多用して、パテの特性を最大限利用した工作になると思います。
これでやっと、車体全体の【段差表現】に入れるでしょうか?

e0162050_4325381.jpg
e0162050_4334512.jpg


つまり、分かりづらい表現だったかもしれませんが、
車体天板はエンジンデッキとの面一であり、つまり天板を高く設定してしまうと
エンジンデッキから左右に流れる角度が大きくなってしまい、実車とかけ離れてしまう事なんです。
だから、低い設定にして【正解】。その上にリングを載せればイメージも損なわれないという事。
by tyouzatu_koujitan | 2009-07-30 03:29