人気ブログランキング |

バカな所と下手な所は絶対負けないモデラー侮ログ


by tyouzatu_koujitan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

神スクはじめました




あんまプラ記事がないと怒られてしまうので、ちと作ってミタ。
この状態になるまで数工程あった野田が携帯では面倒なので
あとで編集致します。ってか、ネット図面・数字が読み取れんw
仕方ないので、現車タイヤ径と図面タイヤ径との比率でやってますw

しかも、プリントアウトしないで画面に定規当ててるし… 



雨宮タンも無職寸前で拾われて良かったね・って邪魔で絵が見えないw


まず、先に組んであったZIS-5のフレームが図面に対して短かった為、切り離します。
e0162050_16574182.jpg


延長は8mmとしました。今回の設定では手持ちのタイヤ径はイジリようがありません。
したがって、キットのタイヤ径に合わせたスクラッチとしました。ネット拾い図面を200パーまで
拡大すると22mm。キットタイヤは27mm。その差・1、23倍。という事で図面の寸法×1,23で
計算すると、ZIS-5キットベースのKubus が出来上がる・という訳です。何と適当な・って言うなw
e0162050_1659142.jpg

幸いにもフレーム横幅は計算後も拡大しなくて良いので、ほぼ合ってるんじゃないかと自己陶酔。

けれど、軸中心とフレームとの位置関係が2mm低かったので、角棒を接着して嵩上げしました。
前には延長して、後ろは長過ぎるという事で切り落としました。延長は単に角棒を貼っただけwという
酷いやり方で済ませていますが、実際には命がけで覗きこまれるのを阻止しますので・まず大丈夫。
尊敬する・頭文字Dさん風に言うならば「全く気にならない。」これで全て解決します。万能の言霊。
e0162050_1712069.jpg


図面を見るとどっから手を付けてよいか分からない形状ですが、図面をじっくり見て基本形を探します。
e0162050_8234757.jpg

フレームの上に床板を敷いて背骨代わりの垂直の板を2枚立てて(天板幅)、それを基本に
その前後の板を接着して最後にサイド部分を接着します。これが今回の基本骨組みとなります。

中はこんな感じです。四角い箱状になっているので、私の必須科目である・パテ埋め/整形時にも
つぶれなくていいように頑丈にしておきます。(それって、精度が出てない最低スクのような気も…w
e0162050_17385962.jpg



(続く
by tyouzatu_koujitan | 2012-11-18 08:23