バカな所と下手な所は絶対負けないモデラー侮ログ


by tyouzatu_koujitan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今回の騒動(事件)を更に肥大させてしまった件について。



   皆様・私のようなブロガーとしても底辺に属する所まで、御訪問ありがとうございます。

ただ、私はニュースソースをペタっと貼って、それに2~3行のコメつけてなんてつまらない
ブログなら必要ないと思っていますので、自分の思うままにどれだけ文字変換出切るかが、
自分の言葉であると思います。私独特の言い回し、偏重・偏向等で癪にさわる方が多いのも
事実です。でも、その裏に何があるんだろうと感じられる人ならば、読みがいもあるかと…

まあ、沢山の方からのコメントをいただきました。共感出来る方の反面、絶対に出来ないと
おっしゃる方がいるのも事実です。私は全ての人にはいい顔など出来ませんので、
こういった意見に分かれるだろうという事も織り込み済みでしたし、ブログ炎上するので
削除されたら?という暖かい意見もありましたが、そこで引っ込めたら何の為に書いたか、

逆に炎上してしまうので、あえてこのまま残したという次第です。ご忠告もありがとうございました。

それから、今回の件で報道各社から打診を受け、2社程・インタビューを受けました。
(しかし、私の普段の書き込みをみるならば、打診するのも憚られる人とは思いますが…)
ただ、特に目新しいという物は何もありませんですよ・との前置きで承知はしました。
ただ、今回の事件というのは、自分の知り合いの人が、たまたま巻き込まれただけで、

世間のプラモデル愛好の人だけが陥りやすいという事では、決してないという事です。

この年まで、独身で来たけど、やっぱり寂しいよな… 誰かいないかな… と思う人に
付け込んで起きた事件であると思うのです。ここは基本・模型を作る人向けだけに
発信している所なので、昨日の書き込みも、モデラー諸氏に向けた・私なりの意見ですので
一般の人からすると、なんじゃこれ?と思われた方も多かったと思われます。

そういった、心がふと寒くなった時に、どうするか?てっとり早くは、漫画や週刊誌の広告
にある出会い系の広告だと思うんですよ。さも上手くいくように書いてもありますし。
結婚相談所に行くのは気恥ずかしい、そんな所で根掘り葉掘り聞かれるのは煩わしい、
となると、どうしてもそっちに行ってしまいがちです。そこで「結婚を前提に…」なんて書いてあったら。

そんな人は簡単に釣られてしまうのですよ。その心理を逆手に取った所が殺人と同様に悪質であると。

普通、落ち着いて考えれば、誰とでも結婚したいという女の人が、なぜ不特定の人が見る掲示板に
いるのかと、冷静に考えれば分かるはず。でもそれすらわからない人が、今回2件お金を
騙しとられ、その被害届けに基づき、女が逮捕され、今回の事件の関連性の調べているという事。
騙されるのが悪いというよりは、疑う余地も無い人が次々と被害にあっている事が問題だと思います。

つまり、(自分の年齢等を鑑みて)今・結婚しないと、もう出来ないかも・と追い込まれた人が多い事。

だから、何故そう焦りまくる程、今まで何のアクションも起こさなかったのですか?と疑問が湧きます。
まだ、独身でいいや。とかまだ考えなくてもいいやとか、全て後回し後回しにしていないでしょうか?
その結果、どうしようもない年齢になってしまった事に気付き、その時に救いの手のような
メッセージがあったとしたら、それこそが相手の大きな釣り針であるんですよ。


前置きが非常に長くなりましたが、どうもこの犯人の女性は相手のいなさそうな人専門に
今までずっと結婚を餌にした詐欺を行っていたようですね。考えればそうです。イイ男なら
自然と相手は見つかります。私も勿論正反対の側にいて、こればっかりはどうしようも無い事実です。
遠方なら振り込ませて逃亡、近場なら、会って安心させて、金を毟り取ってゆくという手口。

では何故、今回2件の殺人(それ以上かも)に発展したのか?と言えば、お金だけ無心されて
一向に話が進まない事に男性側も当然苛立ち、詰問するような・あるいは返して欲しいと
切り出されたのかもしれません。もうお金も返せない・となると、亡き者にするしかないですよね。
ただ、それも普通に殺人となれば、交遊関係から簡単に足がつく。となると事故にしなければ…と。

それが、今回の練炭と火事という(稚拙な)思いつきだったのでしょう。確かに返済もしなくて済んだが
その分、破滅へも加速度的に近づく事となってしまいました。ただ、その殺人計画に気付かない
トーマさんが、嬉しそうに残したブログの文言が今回の事件立件に役立ったとは、皮肉な話です。
最後まで騙されているとは(恐らく)気付いていなかったか、あるいは信じていたのでしょうか?

となると、余計悲しくなり腹立たしいと思えるのは、私だけでは無い筈ですよね。

私とトーマさんとは、お互いをお互い・ネット上での書き込みを確認しあっていた程度で面識も無く。
ある集まりの時に私から声をかけて以降、互いのブログにコメントを入れる間柄となりました。
私としてもリアルで存在を確認できれば、あとは余計な詮索もせず。日々の進行状況等の報告のみで。
他に仲間の方がトーマさんには沢山いらしたので、私は知り合いと言えば最後の方だったと思います。

ただ、そんないかにもネット上だけの希薄な関係の中、トーマさんが別サークルでトラブルを起こし、
その時何故か掲示板上で「お前ら、仲がイイんだから (私に)なんとかしろ」と私に火消ししろと…
当然巻き添えは嫌だとも思いましたが、それでは失礼と、どちらの立場も尊重して中立を保ちつつ
それ以上の大事にならぬよう、自分の意見も自ブログ上に書いた事がありました。(いまもどこかにある)

その時にトーマさんからお詫びの言葉をいただきました。後に自分宛てに、「今ジュエリー売り場に
いるんだ、中身は秘密…」という、他の人にではなく自分の所に返事してくれたのに加え、
「今、いい人がいるんだよ… 実は。」と容易に想像出来る含みの内容だったのです。
自身のブログでの結婚報告の前の7月27日の事でした。そして結婚報告の記事となるのです。

ただ、私は祝福のコメントは控えました。妬み・やっかみでは無く、何故か不自然だったからでした。

あまりに突然、あまりに唐突だったからです。まあ、秘密にしていたと言えばそれまでですが、
それ以前にトーマさんの性格として、嬉しい事があると(例えば入賞とか)、必ず最初にそれとなく
匂わせてみる・というのがトーマさんのお決まりのパターンだったからです。なら27日の報告が
そうじゃないの?と思う人もいるかもですが、ホントなら、その前にアクションがあってもおかしくない筈。

いきなり指輪(とか)じゃなくって、付き合っている人がいます。的な書き込みを必ずする人でしたから。

それも無く、宝石売り場→8日後に婚前旅行に行きますと、突然書き込みがあり・以後音信不通。
その後(捜査関係者か?)突然のブログへのアクセス不可(閉じられた)。そして15日には
「実は亡くなってしまった…」との告白。私も正直・自殺されたのか?と悲観しましたが、
「いや、実はそうでもない。いずれ新聞に出るから、それまで他言無用。」と念を押されました。

     そして、約2ヶ月後の昨日新聞での報道となったのでした。

もちろんこの流れは今後の捜査の中で明らかとなり、この書き込みとも違う内容となるかもしれません。
しかし、人が死んでしまったのは紛れも無い事実です。今後は捜査から裁判への流れとなるのですが、
この先が本当にやっかいな流れになると思います。まず、逮捕。起訴されてから、裁判という形になる。
その裁判こそが、事実さえも捻じ曲げられ、放置されてしまう危険のある所であるからです。

普通結婚詐欺ならば、被害は金銭のみ、だが今回は人の命がなくなっている。

まず、逮捕された時は拘置所等で味方もいませんが、裁判となると弁護士が付いてくれます。
この法治国家ならではの人道的システムが、死者を蔑ろにして、犯罪者を延命させる逃し屋であります。
まず、事件が多岐(複数殺人)となると、まず資料等が膨大となり審理自体が進まない恐れが。
それに注目されるであろう事件には、必ず【売名】目的で、頼んでもいないのに弁護士がつきます。

それは何故か?重大事件を扱ったとなると、その後の弁護士活動に【勲章】がつくから。
まして、死刑判決を逆転させるような事があれば、犯罪者からは神のごとき存在となる。
無罪には当然出来ませんよ。ただ、死刑から無期懲役になれば、勝ったも同然なのです。
何故ならば、本当に無期の人は滅多にいません。大概25年程度で【釈放】となります。

無期に格下げさせるという事は、いずれ堂々と外に出られるよと約束されたも同然。

その為に今回、様々な手を使って、法廷闘争を繰り広げる事でしょう。まず、精神鑑定。
これは、最近なかなか通用せず(当たり前・無罪になるから)、効果は無いが審判の遅延が期待できる。
次は、当然・裁判員裁判となるのですが、ここで当然【プロ】である弁護士は、情に訴える作戦に出る。
「こんなに反省してるのに、貴方達はそれでも死刑を求刑するんですか?」と言えば素人は引く。

そして最後には、被告の不幸な生い立ちまで並べ立てて、裁判官にまでお涙頂戴の迫真の演技。
遂には、初犯である。本人に計画性は無いなどと減刑理由を並べ立ててゆく筈だ。
このいかにも犯人擁護ともとれるやり取りの中で、唯一ほったらかしなのが、死んだ大出さん。
つまり死んだ人は当然喋れないので、生きている犯人とのやりとりのみという奇妙な光景となる。

被害者はいるが、争っているには検察側と弁護士側だけの、勝った負けたの意地の張り合い。
あと、どれだけ裁判官に気にいられて情状酌量を得るかだけの法廷闘争に明け暮れる事に。
本来起きた事は何か、何について争っているのかが、どんどん本件から離れていってしまうのが
日本における裁判の殆どです。しまいには人が死んだという事より死刑にするかしないかだけになる。

掲示板でも圧倒的に死刑にしろ的な意見が。ただ資格の無い人が何千人だろうと一人の弁護士以下。

それが裁判の現実です。被告だけが長引く裁判の中、守られて生き続けるんですよ。
死んだ人だけが、時間はそこで止まったままであるというのにです。これこそが不条理極まりない。
しかも裁判官自体にも死刑に反対するのが殆どであれば、もう死刑は望めないのです。
この事件は凶悪な犯罪であるが、無期懲役という奇妙な判決文が出るに違いない。

まして万が一死刑となったとしても、今の法務大臣は死刑反対派。命令は絶対に出さない。

となると、死刑判決が下りた所で、永遠に生き続けるかのような命が保障されるんだよ。
裁判は弁護士も裁判官も、事件より己の身の保身の為だけに被害者の命さえも無視して、
淡々とすすめられてゆくのです。つまり【死んだら負け】という事です。事故でも犯罪ででもです。
裁判では、悪人でも生きている人間の事を優先し、人権さえ保護します。それが裁判の真実。

ですから、今回被害にあわれた大出さんが、私は不憫でならないのです。

まだ始まってもいないのに、何がわかるんだ?という方。この件は、恐らく裁判員裁判ですので
恐らく、素人の集まりである裁判員に死刑の選択は無理でしょう。つまり最初から
死刑抜きの最高刑=無期懲役しかないのは確定なのです。死刑判決を出す=死神と考えるような
素人に正常な判断が出来ると思えますか?とても思えませんよね。まさに売名弁護士の思う壺。

この、本当に不条理な世界の中では、死んだら負け・殺されたら負けです。それだけです。
[PR]
by tyouzatu_koujitan | 2009-10-28 05:44